クレジットカード審査落ちた理由とその後の対策について

手持ちの現金が足りない時クレジットカードを作ろうか決めるのが難しい人もいらっしゃるでしょう。ですが、どこのクレジットカードを持つにも審査があります。中には審査に落ちてしまう人もいますので、審査に通らない人の特徴を確認し対策を取るようにしましょう。カードを発行してくれるクレジット会社は沢山ありますのでどこのクレジットカードが日常で利用されていますが大半は国際ブランドのマークが印刷されています。VISAやMasterCard、JCBが一般的ですが基本的には世界中で使うことができるアイテムです。 VISAは日本では堅実な企業と提携しており知名度が高く信頼性も抜群だと思います。MasterCardは加盟店が多いので利用者も多く特にヨーロッパ圏で強いカードと言われています。JCBは国内最強の1枚なのですが海外旅行で日本人があまり行かない地方では使えないことが多いようです。 クレジットカード比較サイトなどが参考になります。 プラチナやブラック、ゴールドカードでなくても旅行保険が付帯しているものが多いので安心して行動できます。 死亡や後遺障害、ケガや病気の治療や入院、通院などに対応していてステータスが高いほど手厚い補償を受けることができ心強いですね。 一般的に国内旅行よりも海外の方が限度額が高く設定されていますがこれは海外の方が医療費が高額なことが原因で、オーストラリアで骨折して治療に170万円かかったという例もあります。ショッピング保険や携行品についての保険が付いていることも多く規定日数以内に申告しないと適用外になることがあります。保険適用には自動付帯と利用付帯と2通りがありますが所有していれば自宅に保管していても適用されるのが自動付帯で、支払に使用しなければ適用されないのが利用付帯です。かなり多くの種類のクレジットカードを比較してみるのも一つの手です。カードを比べるにはインターネットからクレジットカードはお金を出さずに清算できるだけでなくそれ以外にも様々なメリットがあります。 アイワイカードなど流通系のものは毎月「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるなどのサービスがあります。VISA、MasterCardなどの国際ブランドでは国内外のホテルや飲食店やショッピングで優遇を受けることができます。 会員向けのレクリエーション特典として発行元が運営しているものにはフットサルコートやテニスコート、テニススクール、乗馬、カヌーなどのスポーツ施設の割引価格での利用があります。 更に、医療や健康面を重視しているカードもあり子育て支援や介護、自己啓発などの相談サービスを利用できるものもあります。クラッシックカードに比べてゴールドはより高い価値が与えられており通常よりも手厚い待遇を受けることができます。 昔は申し込み条件として、年収400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年、より上のランクのカードができたため条件が緩和されてきています。 対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中には空港のラウンジサービス、専用デスクの利用などがあります。年間の会費無料なものもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、自発的に申し込んでも受け付けてもらえません。その上、規定の決済金額で年会費が不要になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。 現金が手元に少ないときに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。 例えば、物を購入した際の支払時に手持ちが足りないこともあると思います。 そんな時に、この1枚で支払いを済ませれば欲しい物を我慢することなく手に入れられます。 しかも、これは支払に使用するだけでなく世界中でキャッシングできる機能が付帯しているのでどうしても現金が必要な時はこちらを使いATMから引き出すことが可能です。