NISA口座は複数の金融機関で作れる?解約するのは簡単?

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAという商品の誕生理由は、日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は一般的には、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度に大金を投資するという点で心理的なハードルも高くなります。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?あなたがもし初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

これは預金と比較してどうかということではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本で始まったのは2014年で、毎年120万円の非課税枠があります。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

5年間までという制限があるのですが、今現在一般口座や特定口座のものをNISAで引き継ぐということはできません。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という条件があるのですが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、気にしなくていい情報かもしれません。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引を例に考えてみますと、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

となるとお金がない人は参加できませんし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先にすすめられて...などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

参考:NISA口座は複数の金融機関で作れる?【おすすめの証券会社は?】

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本で始まったのは2014年で、毎年120万円の非課税枠があります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、ひとつの口座のみを持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

期間は最長5年までということになっていますが、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はそのままですので、その点はお気を付けください。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAが始められるのは2023年までです。

これははじめから決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先の銀行とのお付き合いで...ということでなければ、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、気にしなくていい情報かもしれません。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?もし投資自体が初めてという方であれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。